FX 小ネタ【コラム】

【XM・国内業者 比較】証拠金はいくら必要?場合に応じて適切な資金を用意しよう

お金はどれだけ用意したらいいの!?

FXトレーダーあるあるの疑問は延々と議論されますが、そもそも国内業者と海外業者ではその答えは大きく異るということを知っていますか?

別の記事「海外FX、実はローリスク・ハイリターン!億万長者を目指す鍵「XM」とは」でも説明していますが、最大レバレッジが全く違います。

簡単にレバレッジを説明すると、買おうとしている通貨をレバレッジ分の1の値段で安く買えるというものです。(自己資金×レバレッジ分の投資ができる、と言い換えてもよいです)

FXにおける資金(軍資金)を一体いくら用意したらいいのか、というのを「レバレッジ」と「サービス」の観点から説明します。
※代表的な国内業者 vs 私の使っている業者(XM Trading)をベースに話をします

 

海外FX(XM)を始めるにあたって必要な証拠金は最低0円【不要】

0円。無料。

これを読んでいるあなたがもしFX経験者でも、0円でトレードを体験することができます。(激しく儲けるのは難しいかも知れませんが、FXを体験するには十分でしょう。)

まさかそんなことは・・・と思うかも知れませんが、XM Tradingでは新規口座開設ボーナスとして3,000円分のクレジットをプレゼントしています。

つまりその無料でポイントを貰いトレードできるので、証拠金は1円もかからない(不要)というわけです。

詳しくは【XM】3000円ぶんのクレジット配布!初回登録なら全員必ずもらえるキャンペーン中でも説明しています。タダでもらえるのであれば、貰うしかないですよね・・・。

 
海外FXの多くでは、こうした口座開設ボーナスが多く存在します。

日本の業者ではどうでしょうか。新規で口座開設するとお金がもらえるなんてサービスは、私が知る限り存在しません。たくさんトレードをすることでロット数(合計通貨数)に応じてボーナスが付与される程度。

優秀なトレーダーが海外口座を好んで使うのもうなづけます。

海外FXについて。豪華なサービス(ボーナス)が多く提供されています。

しかし、業者によっては日本語未対応だったり「円」での入金に非対応な業者もまだまだ多く、選択肢はあまり多くありません。

私が使っている「XM Trading」は日本語対応、クレジットカード入金対応なので初心者でも始めやすいのが特徴です。

ということで、口座開設ボーナスを使うことで0円(てぶら)でもFXを始められるということが分かりました。

次に、実際にポジションを持つにあたって最低でどれくらいの費用がかかるのか?これを知りましょう。

 

XMではドル円10通貨、最低2円あれば取引可能

いくらかかるかを考える前に、いくらなら取引できるかの最小通貨数量を知るところから始めます。

XM Tradingではマイクロ口座という1ロット1,000通貨の口座が存在します。(スタンダード口座は1ロット10万通貨。マイクロの100倍です)

最低発注数量は0.01ロットから対応しているため、どんな通貨でも10枚(10通貨)から注文できます。(同様にスタンダード口座は0.01ロット=1000通貨から対応しています)

さて、最低発注数量は10通貨からということが分かりました。日本人が大好きな代表的な通貨、ドル円(USD/JPY)を例にいくら必要かを考えてみます。

 

必要証拠金、日本国内と海外FX(XM)では2万倍違う

1ドル110円として計算してみましょう。

  • 110円 × 10通貨 = 1,000円

通常10通貨購入(レバレッジ1倍)するには、1,000円かかるということです。これをレバレッジで割ります。「レバレッジ」は購入通貨を減らしてくれるすごいヤツです。

  • 1,100円 / 888倍 = 2円(切り上げ)

2円です。2万円ではありません。海外口座では一円玉を2枚分用意することができれば、最低発注するための証拠金がまかなえます。

一方、日本国内ではどうでしょうか。人気の業者D○MFXを参考にしてみると・・・


 

某会社の最低発注数量某会社の最低発注数量

1万通貨ですね。この時点で勝敗が見えますが、同じように計算してみます。

  • 110円 × 1万通貨 = 110万円
  • 110万円 / 25倍 = 44,000円

国内業者はレバレッジ最大25倍までと決まっているため、どんなに頑張っても4万4千円ほど掛かります。圧倒的な差ではないでしょうか。2円と4万4千円では、約20,000倍も異なります。

結論、最低必要資金は・・・

  • XM Trading:2円(10通貨)
  • 代表的な国内業者:44,000円(1万通貨)

という結果になりました。

海外FX業者 最少取引単位
XM(XMTrading):10通貨
TitanFX(タイタンFX):1,000通貨
HotForex(ホットフォレックス):1,000通貨
LAND-FX(ランドFX):1,000通貨
AXIORY(アキシオリー):1,000通貨

XMだけが飛び抜けて少ない通貨で取引できることが分かります。トレード練習にも最適ですね。

 

XMでマイクロ口座10通貨、どれぐらい稼げるの?

ドル円100円から101円まで

最小通貨数量ではどれぐらい稼げるのか?

仮にドル円10通貨を購入(ロング:買い)し、100.0円から101.0円まで保持できた、と仮定します。

そうした時の儲けはいくらでしょうか?

答えは、2円

 
正確にはスプレッドが加わるのでもう少し小さいですが、1.00円(100pips)の勝ちでざっくり2円の儲けです。両手を上げて喜ぶにはあまりにも少なすぎるでしょう。

最低通貨で取引することと確実に利益を出して儲けることとは、全然別物なのです。区別するまでもなく、練習トレード用と言えますね。

 

最低限の証拠金を用意するのではなく、目的にあった資金を準備しよう

FXを始めるのにいくら用意すればいいんですか?
証拠金維持率は何%がいいんですか?

 
FX初心者はこういった質問をしがちです。無論、私も昔はそう。初めにいくらの証拠金を用意したら良いのか分かりませんでした。

しかし3年学んだ結果、どれぐらいの利益を求めるか(どれぐらいの通貨数で取引するか)によって必要な証拠金が違う、という結論が出ました。

XM Tradingでは最低2円、3円あれば取引可能だということは上の章で分かりました。しかしそのスケールで実際に儲けるとなると、数百年かかっても難しいでしょう。ここから、いくつかの具体的な例で証拠金はいくら準備すればいいか?を解説します。

 

完全初心者向け:マイクロ口座で1万円

FXの基礎を勉強するために必要な資金です。

どうやって注文をするのか、注文したらどうしたらいいのか。購入時にスプレッドによる含み損はいくらか、どこまで下がったらどこまで損(利益)が膨らむのか。

こうしたものは聞いたり見たりしても、ほぼ覚えることが出来ません。実際に身銭を切って1円でも2円でも積むことにって、その臨場感が体験できます。

ギャンブル漫画:カイジシリーズ を読んだことがある人には伝わるかも知れません。本当に「百聞は一見にしかず」、取引をしていくというのは本当に恐怖との戦いです。(負けたらいやだ、お金が減ったらつらい・・・など)

 
1万円の証拠金。ここで狙うべき利益は50円です。ポジションは100通貨か、1,000通貨。

一度の注文に必要な資金は(XMなら)およそ15円〜150円程度です。しかし国内業者だと4,400円ぐらい必要です。大事な大事な1万円の証拠金の半分が、通貨を注文するだけで失われてしまいます。

練習には十分と言えますね。デモ口座では体験できない実際のお金を使って(なけなしのお金をつかって・・・)取引することは経験値がものすごく入ります。負けても大した金額にはなりませんが、大きく儲けることもできません。勉強代としてうまく立ち回りましょう。

 

脱初心者向け:マイクロ口座で5万円

FX取引ツールの使い方を覚えたら、いよいよ実際に少しずつ「稼ぐ」ための資金を準備しましょう。

それが5万円という証拠金。狙うべき利益は200円〜1000円。ポジションは2,000通貨〜多くとも10,000通貨です。

トレード例としては、5,000通貨の注文、一回のトレードで10pips(0.1円)勝つと500円です。デイトレード(一日の中で数回〜十数回ほどトレード)であれば、勝率6割ほどでプラマイ0か、ちょい勝ちぐらいでしょう。

ここで覚えるべきは簡単なテクニカル分析と、利益確定・損益確定(損切り)のルール確立です。

 
テクニカル分析は学んでいくとキリがありません。そして100%勝つ、いわゆる「聖杯」と呼ばれるものも存在しません。したがって、色々なテクニカル分析を学んでいき自分が良いと思ったもの(あるいは、確実に利益につながるもの)を見つける旅に出ることになります

初めてのテクニカル分析

参考までに、私自身が初めて覚えたテクニカル分析は移動平均線を3本使ったゴールデンクロス、デットクロスです。

それだけで儲けることは出来ませんが、他の分析手法に組み合わせるとより信頼性が増します。また別の記事で紹介するのでお楽しみに。

 
テクニカル分析とは別に、利確・損切りの明確なルールを確立する必要があります。単純なもので構いません。10pips(0.1円)買ったら利益確定、8pips(0.08円)負けたら損切り確定、といった具合で良いです。

初心者がやりがちな「いつか戻ってくるだろう」は、戻ってくる可能性もありますが、戻ってこない(損切り失敗)リスクも同様にあります。戻ってくるまで待つとポジションが一生塩漬けになり、トレードどころではありません。

最悪の場合、そのまま証拠金がなくなってしまうロスカットも起こりえます。少ない予算のうちに「損切り」をしっかり身につけることが大事です。

テクニカル分析と利確・損切りを身につけるだけでも、証拠金が5万円あれば月5,000円〜10,000円の副業利益も十分目指せます。

勝率100%ではありませんが、それに近い手法の考察をしています。是非一度ご覧ください。

【聖杯】99%負けないトレードの方法。再現性あり!初心者でも簡単に出来ます

 

確実に稼ぎを増やしたい方向け:スタンダード口座で30万円

トレード経験が無いのに、ロスカットされたくないから口座に多めにお金を入れておこう・・・・

こういった考えの方はポジション塩漬けタイプに多いです。どんなリスクを持ってトレードしてるか分からないから、どれだけ証拠金を持てばいいかを理解出来ていません。

どれぐらいのポジションで、どれぐらいの利幅(損幅)でトレードするから、これだけ資金が必要だ。論理的な考え方をもとに証拠金を準備出来るトレーダーは強いです。とりあえず口座に資金を入れておく、なら投資信託でも買っていたほうがマシかも知れません。(失敗してゼロになるのが目に見えているため)

証拠金の30万円、失いたく無いですよね?ここからは勝つトレードではなく、負けないトレードをする必要があります。

 
狙うべき利益は1,000円〜10,000円。抑える損益は-2,500円〜-5,000円。

持つポジションは10,000通貨〜100,000通貨(1ロット)です。

1ロットの通貨は(スプレッドがあるため)ポジションを持つだけで評価益マイナス2,000円からのスタートです。注文するだけでも結構心臓バクバクしますよ。

負けまくると勝つためにロット数を増やしたくなる気持ちも分かります。しかし、明確な根拠もないのにロット数を増やすだけでは、逆に資金を減らすことになりかねません。

心理戦です。本当に自己メンタルとの戦いです・・・。

 

目的に応じた証拠金が必要。困ったら1万円でOK

初心者の間は確実に証拠金が少ない方がいい、と私の経験上思います。なぜなら、大抵の場合負けるからです。ちなみに私も初トレードはロット数量を間違えて−4,000円の戦績からスタートしています。

やはり1週間程度は練習したほうがいいと何度も感じました。特にこれからFXを始めたい!と思っている方には一旦落ち着いてもらって、まずは少額(証拠金1万円〜)で勧めたいなと思っています。

明確にいくら口座に必要だ、という正解はありません。足りないと思ったらプラスするぐらいが丁度いい塩梅でしょう。

 
XM Tradingには便利なXM公式の計算機ツールがあります。ポジションを持つのにどれだけの証拠金が必要かを一瞬で計算できるツールや、スワップ(金利差での収入)や損切りラインも計算できます。一度見てみることをおすすめします。(口座をもっていなくとも使用できます)

困ったらまずは福沢諭吉先生(1万円)に頑張って貰うことにしましょう。個人的な考え方ですが、パチンコですったもんだするぐらいなら、金融の知識や相場観が身につくFXをやったほうが何百倍も人生得すると思っています。

今の時代スマホでも十分戦えるので、気になった方は無料口座開設から進めてみてはどうでしょうか?

FXで損をしたくないなら「XM」一択!
無料登録こちらから
  • FX業界最大手の「エックスエム」
  • 初心者・未経験者にお勧め
  • このままページを閉じると0円。FXを始めると1億も可能!?
  • 数百円からトレードOK
  • DM○やSB○など国内業者はレバレッジは25倍。XMは888倍。
  • 1万円あれば800万円分の通貨取引可能!
  • ロスカットしてもマイナス分は完全業者負担
  • 日本語完全対応
  • 登録するだけで3,000円分のクレジット」が今だけ全員にプレゼント!