自動取引(EA)研究所

XM Tradingの自動売買で一攫千金を目指す人が、失敗しないために読む記事

初心者でも自動売買で年収をあげたい

手動トレードに飽きた!!

もしくは、面倒くさいと感じる方。もしくは、あまり成果が上がらない方・・・・。

もし仮にですよ。あなたが「一流の専門家や勝率の高いトレードのコピー」が出来るとしたら、やりますか?やりませんか?

 
私が使っている XM Trading(エックスエム トレーディング)を始めとしたFX会社では、自動取引が可能です。そしてそれは、ベテランでも初心者でも無料で試すことができます。やらない手はありませんね!?

この記事では、自動トレードのイロハについてメリット・デメリット、自動トレードの始め方を解説しています。

この記事を読むと・・・

自動トレードとはどんなものかを知ることが出来る

自動トレードの始め方が分かる

自動トレードのメリット・・デメリットを知ることが出来る

 

自動トレード(自動売買)はFX会社選びから始まっている!?

日本国内で有名な自動売買サービスについて。インヴァスト証券の「トライオートFX」なんかが有名です。

24時間体制で自動トレードをすることができ、初心者も始めやすいというのが特徴。新規口座開設で何万円ものキャッシュバックが可能、「選ぶだけの自動売買」で簡単に始められるという触れ込みです。

収益率のランキングから好みの自動売買を選ぶだけ!という簡単操作で始めることができ、収益率も100%超えが売りです。

インヴァスト証券のトライオートFXインヴァスト証券のトライオートFX

プロトレーダー並に稼げる!と評される一方で、安定せず大きな負けが発生することも少なくはありません。

こうした初心者向けの国内業者に、まずは挑戦してみることも大事です。しかしその一方で、国内業者の自動取引は負けること前提のほうがいいと言うことも知っておく必要があります。

 
「トライオートFX 実績」で検索して一番上に出てきたブログの画像です。

自動トレードの実績自動トレードの実績

・まず①を見てください。
2019年の8月にマイナス20万円の大負けが発生しています。毎月数万円のプラスを出す一方でその何ヶ月分もの収益を吹き飛ばす損益は、よくは無いでしょう。典型的なコツコツドカンです。最悪の場合、100万円単位で損失を出すリスクや証拠金(口座残高)がゼロあるいはマイナスになるリスクもあります。

・次に②です。
オレンジ色のグラフがとても長い間、下の方に存在しています。これは評価損益の合計を表しているグラフなので、¥0の下にある期間は常に損益を抱え込んだ状態ということです。47週目から75週目、つまり8ヶ月弱は評価損益がマイナスです。

このブログの著者は、こういった結果が出ることを”覚悟”して自動取引に望んでいます。それ自体は素晴らしいことです。

しかし、あなたはずーっと損が出ている状態に耐えられますか?私はビビって損切りして、足を洗ってやめてしまうと思います。

 

業者が提供する自動取引サービスに対する私個人の考え

国内の多くの会社は、売上をあげるために多くの初心者トレーダーを囲い込んでいます。豊富なサービスを提供して「皆やっているよ!」と思わせんばかりの謳い文句と広告費を使って。

そういったものにホイホイと飛び込んでいるようでは、いずれ身を滅ぼすことになると私は考えます。会社の利益になりますが、私達個人のトレーダーにとってはプラスになりえません。

私は、私自身が使ったことのあるトレードツール(方法)をこれから自信を持って紹介します。

 

海外FX会社「XM Trading」を使ったFXの自動売買

国内の会社と海外の会社(以下、XM)では、自動トレードを行うために必要な資金が段違いです。

例えばドルを1万通貨を使ったトレードをする場合、通貨を購入するだけでも国内業者は43,000円(レバレッジ25倍)必要なのに対して、XM Tradingでは1,200円(レバレッジ888倍)。文字通り、桁違いです。

また、軍資金として10万円用意 したとしましょう。
上記の1万通貨を持ったとき、証拠金維持率は国内業者が150%、XM Tradingが8,300%です。ロスカット(自動損切り)までの差がとてつもなく違います。

ロスカット(自動損切り)って?

証拠金維持率が50%や30%に到達した時点で、業者による自動損切りが発動します。(パーセンテージは業者によって異なります。)

維持率が高いということは、それだけ資産に対する損失のリスクが少ないということです。(証拠金維持率が低ければ低いほど、資産に対してポジションや損の額・割合が大きいということ)

さらに海外業者のとてつもなく大きなメリットは、運用していて口座残高がマイナスになったときに感じられるはずです。国内業者では当然、マイナスを補填するために会社へ追加資金を振り込まなければいけません。

海外業者(XM)では、追加資金が一切不要です。口座残高がいくらマイナスになっていても追加証拠金の支払いは一切不要です。そのまま引退してもOK。続けるならゼロ残高へ自動リセットされます。

仮に、万が一、大爆死してしまったとしても借金苦になるような最悪の事態にならないのが、海外のFX会社の魅力です。

このあたりの仕組みに関しては別の記事、FXにおける国内業者と海外業者の違い。XMを選ぶメリットに迫る【0カット】でも詳しく解説しています。よければ合わせてどうぞ!

 

XM Tradingを使った自動売買のメリット・デメリット

良いものを良いと説明するのは簡単です。しかし良いものにも必ず悪い部分はあります。

まずはその良し悪し(メリット・デメリット)を知ってください。

 

自動売買のメリット1.必要なものはお金だけ

XMで自動売買をするために必要なものは運用するための資金と、とある2つのアイテムです。

それは、「MT4(メタトレーダー4)」と呼ばれるトレード用ソフトと、「EA(エキスパートアドバイザー)」と呼ばれる自動売買プログラムです。

ええ〜買わないといけないの?と思うかも知れませんがご心配なく。無料で手に入ります。(EAは有料のものもあります)

イメージが湧きにくい方は、MT4はプレイステーション。EAはソフトと覚えると良いかも知れません。MT4は一つあればよくて、EAは沢山の種類があります。(私はこの覚え方がしっくりきました)

 
MT4(メタトレーダー)は無料ダウンロード(XM公式サイト)から。

メタトレーダーは「4」がオススメです

MT4とMT5が存在しますが、EAはそれぞれ違うプログラムで作られています。互換性はありません。

そしてEAの多く(ほとんど)はMT4に作られています。特別な理由が無い限りは、MT4をダウンロードしましょう。(MT5も一緒にダウンロードしても別に問題はありません)

EA(エキスパートアドバイザー)は無料のマーケット(外部リンク)からダウンロードすることが出来ます。

無料のEAをダウンロードする無料のEAをダウンロードする

英語で面食らうかも知れませんが、Google翻訳などを使って頑張ってみてください。どんなトレードを行うか、通貨ペアの種類、収益のグラフなどが書かれています。

もし「有料のEAでもいいから使いたい!」という方がいれば、GogoJungle(外部リンク)というサイトでEAが売買されています。よく色んなサイトで目にするのは「一本勝ち」というEAですね。なんと5万円の買い切りですが、2,000人以上の購入者が居るようです。凄すぎますね。

眺めているだけでも勝てそうな気がしてくるのは私だけでしょうか・・・。

EAは販売することが出来ます

先のどのGogoJungleでは、個人でEAを売りに出すことも出来ます。

素晴らしいロジックを組むことが出来れば、トレードをせずに儲けることも可能ですね(笑)

ただし、EAを作るにはプログラミングの知識が必要です。そのため気軽に手が出せるものではありません・・・。

 

自動売買のメリット2.優秀なトレーダーのトレードを完全コピーできる

XMの自動売買には「EA」(エキスパートアドバイザー、通称イーエー。)と呼ばれるプログラムが必須です。その「EA」には何千何万という種類があり、それぞれトレードスタイルやロット数(通貨数)などが異なります。

中には、天才トレーダーのコピートレードになるようなものもあります。自分の知識は一切関係なく、そういった一流投資家の真似が自動でできるようプログラムされています。

もしそんな「EA」を入手できたなら、ぜひとも使ってみたいものですね。

 

自動売買のメリット3.手間がかからない

自動売買はその名の通り、設定してしまえばある程度自動です。

ある程度、というのは一週間〜一ヶ月に一回は見直しが必要だからです。大統領や要人の発言や政治的イベントが起こると、相場に影響を与えることが多いです。つまり、今まで順調だったトレードも崩れてしまう可能性があります

そういうことがあらかじめ予定として分かっている場合は、自動トレードを一度停止することや、通貨数を減らすといった対応が必要です。

それでも大抵の場合は、放置でOK。一日に一回ほど取引履歴や証拠金の数値を確認するだけなので、本当に楽です。(今の私自身がこれです)

空いた時間は手動トレードのためのテクニカル分析の勉強や、投資哲学の知識吸収に当てられますね。

 

自動売買のメリット4.必要資金、目標、損失の目安があらかじめ計算できる

「EA」は玉石混交(良いものも悪いものも区別なく存在するわけ)ですが、良いものについては「最大ドローダウン」や「プロフィットファクター」など性能に関する説明がしっかり書いてあることが多いです。

こういった情報を使うことで「このEAを使うと資金はいくらまで減るリスクがあり、どこまで利益を伸ばせそうだ」ということが、なんと自動取引する前からあらかじめ判断することが出来ます。

一般的に手動トレードではこういったことはなかなか出来ません。「損失は-10pips、利益確定は+20pips」とルール決めしてあっても、そのとおりに出来ないのも人間の心理ならでは、です。

最大ドローダウンとは?

そのEAを稼働させた際に許容される最大損失パーセント。

例えば最大ドローダウンが20%なら、100万円の資金は一時的に80万円程度まで減るリスクがある、ということ。

プロフィットファクターとは?

総損失に対する総利益の比率です。
「総利益/総損失」で計算することが出来ます。

例えばプロフィットファクターが2.0なら、そのEAを稼働させた際に 利益20万:損失10万 といった2:1の割合で結果が出ることが予想されます。

他にも確認すべき項目はいくつもありますが、上の二つが先に分かるだけでも手動トレードより優れた結果を残せそうな気がしてきますね。

ここで損切りしなきゃ・・・とか、利益がでたから早く決済しなきゃ!とか、余計な感情を一切持たなくて済むのもポイントです。

XM Trading 公式サイトです

そして次に、デメリットです。

 

自動売買のデメリット1.知らぬ間に損が出ている(発見が遅れる)

自動で取引が行われるのは大変ありがたい事ですが、それは仕事している間も寝ている間も同様に行われます。

そして、時として暴落はそんな“画面を見ていない間”にこそ起こり得るものです。当然巻き込まれれば、損益に繋がります。

大きな損ではなくとも、相場は変わりゆくもの。小さなマイナスも積み重ねれば何万円にも何重万円にもなります。そうした損というのは忘れた頃に発生しているものです。

相場は生き物です。本当であれば常に向き合っている必要がありますが、自動トレードはそういった知られざる場面での損を見逃すリスクがあるということも忘れてはいけません。

そういったリスクをしっかりと認識できるのであれば(理解して許容するのであれば)問題はないですね。

 

自動売買のデメリット2.分析手法、相場観が身につかない

例えばこんなEAがあったとしましょう。

  • ドル円(USD/JPY)の1時間足自動トレード
  • 短期・中期・長期のトレンドラインが一直線になった場合(パーフェクトオーダー)にエントリー
  • 勝率70%
  • 最大ドローダウン10%
  • プロフィットファクター2.0

・・・といった具合。

よし、これなら勝てそうだと自動トレードを始めてしまうのは簡単ですが、実際にあなた自身がパーフェクトオーダーで取引出来るようにはなりません

パーフェクトオーダーについて

勝率が高いうえ、初心者でも理解しやすいテクニカル分析の一つです。

しかし、そういった場面はなかなか起こらないため 待ち のトレードスタイルと言えます。

 
そういったテクニカル分析は身につかないうえに相場観が身につきません。

どの通貨はどんな価格帯で取引されていて、一番活発なのは何時頃で、一日の間にどれだけの幅で動くか・・・といったことは、実際にトレードをした人でないと分かりません。

「そんなものは必要無い!自動取引だけで大成するんだ!」とお考えの方にとっては不要かもしれませんが、そういった情報が身につきにくいのは大きなデメリットの一つといえます。

 

自動売買のデメリット3.優秀なEAを見つける(探す)労力がかかる

 
「このEAを使えば必ず儲けられます!!」

 
というものは存在しません。FX界ではいわゆる「聖杯」と呼ばれるような手法のことですが、全員が全員、得をすることは不可能です。

なぜなら、FXは勝つ人と負ける人(金額)が同じだからです。1億円稼ぐ人たちが居る裏側で、1億円損をする人たちが存在しています。EAも同様で、勝てるものもあれば負けてしまうものも往々にしてあるのです

しかも、ドル円(USD/JPY)でなら勝てるEAでも、ポンドドル(GBP/USD)では負けてしまう、なんてこともあります。5分足でなら勝てるのに、1時間足でなら負けてしまう、といったことも。

つまり、自分が求める「最適なEA」と出会うまでは途方も無い時間がかかってしまうということです。

タイプの違うEAを組み合わせることもできる

EAは何も1つだけを厳選して選ばなくてはいけない、というワケではありません。

トレンドに乗るEA、レンジに強いEA、逆張りEA、勝率90%の薄利多売EA、など複数を組み合わせて自分なりのポートフォリオ(組合せ)を作っているトレーダーも多く居ます。

自動売買のデメリット4.「FXや金融の知識は無くていい」という勘違いにおちいる

適当にEAを回しておけば知識はいらない、むしろEAの知識さえあればいい、というのは完全に間違いです。

多くの人は、相場が急変したときに「なんで?」という考え方でストップします。私達が使っている日本円(JPY)は、安全な通貨とされることが多いです。

だから安心・安全を求めて円が買われ、円高になります。

外国では戦争や政治がらみの話題も多く、1円2円の円高・円安はよく起こります。そういったことに耳を傾けるのも1トレーダーとしての努めではないでしょうか。(ファンダメンタルズ分析とも言えますね。)

 
自動売買ばかりしていると、思考停止になりやすい傾向があると思います。私自身、そうだったからです。

口座残高を見ていれば勝手に増減してるので、あとはおまかせ〜と言って放置、そのままです。そして、いつしか気づいたら知識もなくたいして稼げなかったという事実だけが残りました・・・。

勝っているトレーダーほど金融、投資、FXの知識が半端ないと感じます。私もそうなれるよう、勉強(実践)していく所存です。


 

前置きが非常〜〜に長くなってしまいました。

これから本題、優良FX会社の「XM Trading」を使った自動トレード(自動売買)やり方・始め方についての説明をしていきます。

 

エキスパートアドバイザーを稼働させる方法

ようやく、EAを稼働させるというステップです。

 
手順は次の通り

  1. XMの口座開設を済ませる
  2. MT4をダウンロードしてインストールする
  3. EAを設置する
  4. MT4にログインする
  5. EAを設置して回す
  6. 放置する(時々確認する)

です。

順番に解説していきます。

 

1.XMのトレード用口座を開設する

まずはFXをするための口座を開設しておかなければいけません。

XMには3種類の口座がありますが、悩みたくない方はマイクロ口座がベストです。
違いについては別の記事【XM 口座種類を徹底比較】どれを選んだらいい?特徴と選び方を詳しく説明!をご覧ください。(ちなみに口座開設は無料でできます。後からでも大丈夫です。)

XM Zero口座 を選んではいけません。(取引手数料がかかる上級者向け口座で、ボーナスポイントもありません)

 

2.MT4をダウンロードしてインストールする

MT4のダウンロードはこちらの公式ページから。間違えてMT5をダウンロードしないように気をつけてください。完全に別物です。

すでに別の業者を使ったことがありMT4がインストールされている方は、最新版かどうかを確認してください。最新版でないと市場にアクセス出来なくなってしまいます。

WindowsとMacではインストール方法が異なりますが、「MT4」のアイコンが表示されればOKです。

MT4のアイコンMT4のアイコン

こんな感じのやつです。

 

3.EAをフォルダに設置する

4.MT4にログインする

5.EAをチャートに割りあて、実行する

説明が大変長くなってしまうため、記事を分けました。
当ブログ内の自動売買の始め方・導入方法|エキスパートアドバイザー(EA)をメタトレーダー(MT4)に設置して使用するまで【XM】【図解】を御覧ください。
(新しいタブで開きます)

 

6.放置する

EAが稼働していることが分かったら、後は放置します。

【注意点】
今更ですが、パソコンを閉じてしまう(MT4を消してしまう)と自動取引も終了されてしまいます。つまり、自動取引をしたいならその間はずっとパソコンをつけておく必要があります。

そんなの聞いてない!という方も居ると思いますので、私も使っている「仮想デスクトップ環境」を紹介します。

 

パソコンを付けっぱなしにしなくても良い仮想デスクトップ(VPS)という方法

MT4を起動したままにするには、パソコンをつけたままにしておかなければいけません・・・・。電気代もかかるし、いつ停電するかも分かりません。

そんな悩みを一発で解決できるのが仮想デスクトップ環境。デスクトップクラウド(VPSとも言ったりします)です。

とても噛み砕いて説明すると、インターネット上のWindowsパソコンを24時間365日貸してもらえるサービスです。リモートデスクトップでスマホやパソコンから見に行けるので、非常に便利です。

多くの自動売買トレーダーは、デスクトップクラウドを月額で借りて運用しています。興味のある方はお名前.com デスクトップクラウド(外部リンク)から確認してみてください。

1400円程度から始められるので、正直なところ24時間ずっとパソコンを稼働しておくより電気代がお得です。(デスクトップクラウドは信頼性もあるので、突然のシャットダウンやエラーはそうそう起こりません)

ちなみに、メモリは1.5GBあれば十分です。それでEAを複数稼働させることが可能です
いやいや今どき1.5GBじゃ足りないよ・・・という方は3GB以上だとサクサク動きます。保存領域もハードディスクではなくSSDなので、思った以上にカクカクではないです。

XMでもVPSサービスが提供されている!

実は口座開設したXMでも仮想デスクトップ環境のサービスがあります。しかも条件を満たせば無料です。

条件1:月に5ロット(50万通貨)以上の取引を行っていること
条件2:口座の証拠金額の合計が5,000ドル(約60万円)以上であること
これらを満たせれば、一ヶ月間無料です。満たせなければ、28ドル(約3,000円)が口座残高から自動で引き落とされます。

しかしサーバースペックはあまり良くなく条件も比較的難しいため、私はあまりおすすめしません。
(スペック/ OS:Windows 2012 R2, CPU:1コア(600MHz), メモリ:1.5GB RAM, HDD:20GB)

 

XMで自動売買 まとめと手順のおさらい

  1. XMの口座開設を済ませる
  2. MT4をダウンロードしてインストールする
  3. EAを設置する
  4. MT4にログインする
  5. EAを設置して回す
  6. 放置する(時々確認する)

でした。

 
自動トレードにハマってしまうと「何もしなくても口座残高が増える」という魅力に取り憑かれて、どんどんと深みに落ちていってしまいます。

私自身もそうでしたが、そんな時にこそ用心しておかないと気づいたら残高が真っ赤になってEAが止まってしまいかねません。(EA稼働中に証拠金がなくなると注文が出せずにエラーを吐き続けます)

手動トレードも織り交ぜ、自分自身のスキルアップもしつつ挑戦してみてください!

自動売買を始めるまでの一番簡単な手順
自動売買の始め方・導入方法|エキスパートアドバイザー(EA)をメタトレーダー(MT4)に設置して使用するまで【XM】【図解】EAをメタトレーダーに設置して 自動売買を始めるまでの手順! エキスパートアドバイザー(EA)を使って、どうやって自動売買を始め...

 
また当ブログでは「EA徹底検証」と題しまして、自作エキスパートアドバイザーの実験を行っています。

合わせてご覧ください。

ゴールデンクロスとデッドクロス
【XMでEAを使う】ゴールデンクロスを使った自動取引EA検証!デッドクロスと合わせて使うテクニカル手法を解説トレンド イズ フレンド!! FXを始めて少し経った方であれば、一度は聞いたことがあるかもしれません。 トレンド is ...
FXで損をしたくないなら・・・「XM」一択!
無料登録こちらから
  • FX業界最大手の「エックスエム」
  • 初心者・未経験者にお勧め
  • このままページを閉じると0円。FXを始めると1億も可能!?
  • 所持金0円でもトレードできる
  • 国内業者はレバレッジは25倍。XMは888倍。
  • つまり1万円用意できれば、888万円分の取引が可能!
  • 口座残高がマイナスになってもあなたの負担はゼロ!(追証なし)
  • 日本語完全対応で心配いらず
  • 登録するだけで3,000円分のクレジットが今だけ全員にプレゼント!