損をしない登録手順

XMの出金手順を図解で説明!手数料は?日数は?疑問にお答えします

たくさん設けたら出金しよう

沢山トレードをして利益が出たら出金処理をして、自身の銀行口座を温めることにしましょう。

出金はとても簡単ですが、いくつかの注意点があります。

手続きをする前に、一度この記事を読んでおけばバッチリです。

 

出金処理まえの注意点

出勤前の注意点出金前の注意点

トレードをしている人なら馴染み深い単語ばかり書いてありますが、もう一度しっかりと確認します。

順番に見ていきましょう〜!

 

出金依頼はポジションを閉じた後に行う

ポジションを持っている場合は、証拠金維持率が150%以上で出金処理をかけることができます。

そのため、含み損をもつポジションを持ち150%未満になってしまう場合は一旦損切り(ポジション決済)をしてからでないと処理ができません。

証拠金維持率はMT4の画面の「取引」タブから確認することができます。

証拠金維持率の確認証拠金維持率の確認

 

クレジットボーナスは出金できない

トレードに使用することが出来るクレジットボーナス(初回開設・入金・XMP)は、出金することができません。

ボーナスは証拠金維持率を高めるために使用することは可能ですが、現金化は無理です。

さらに、出金するとクレジットボーナスの一部(全部)が消失します。(事項で説明)

「運用比率」タブからクレジットの数値を確認できます。

クレジットボーナスの確認クレジットボーナスの確認

 

出勤時にXMのボーナスが消滅する

口座開設時に貰った3000円分のクレジットボーナスや、入金ボーナスなどが消えます。

と言っても全てではなく、出金額と同じ割合のボーナスが消失する・・・というのが正しいです。

消えてしまうボーナスの種類とは?

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ロイヤリティボーナス

例1:口座残高が100万円、クレジットボーナスが5万円 ある状態
10万円出金依頼した場合 → ボーナスは5万円の10%(5,000円)が消滅する

結果、口座残高1,050,000円 → 945,000円

例2:口座に残高が20万円、クレジットボーナスが10万円 ある状態
10万円出金依頼した場合 → ボーナスは10万円の50%(5万円)が消滅する

結果、口座残高 30万円 → 15万円

口座から出金すればするほど、ボーナスも同じ割合で消えてしまいます。

少なく定期的に出金するのではなく、大きく利益が出た時に全額出金するのがよさそうですね。

 

出金には手数料がかかる

出金手数料の一覧出金手数料の一覧

銀行送金は中継手数料(リフティングチャージ)と、受取手数料が2種類の手数料がかかります。

・リフティングチャージ:約2,500円(XM → 中継銀行への送金手数料)
・国内銀行の受取手数料:約2,500円(中継銀行 → 国内銀行への送金手数料)

銀行送金は手数料が高いので、まとめて出金するようにしたほうが良いですね。

 

XMの出金方法・手順

注意点はクリア出来ましたか?

これでようやく出金処理の申請を依頼することが出来ます。

まずはマイページ(ログイン後)から「出金」の項目を選びます。

出金の手順、トップページより出金の手順、トップページより

画面移動後、ページ下の方にある4種類の出金方法の中から選択します。

4種類の出金方法4種類の出金方法

出金方法ごとに、入力しなければいけない必要項目が異なります。(口座名や名前など)

あなたのスタイル(方法)に合わせて読み進めてください。基本的に、リクエスト(申請)したら着金されるまで待つだけです。

早くて安い方法は?

オススメは「BitWallet」です。理由は送金手数料が圧倒的に安く、着金が早いため。

 

BitWallet(ビットウォレット)で出金

Bitwalletの出金申請画面Bitwalletの出金申請画面

BitWalletにログインするためのE-mailアドレスと、出金したい金額を入力するだけ。

とっても簡単な出金方法のひとつです。

注意事項を読み理解したら、□にチェックを入れリクエストをクリックしましょう。たったこれだけで申請終わりです。

着金までの日数:ほぼ即時〜数時間
手数料:400〜800円

 

クレジットカード(デビットカード)で出金

クレジットカードの出金申請画面クレジットカードの出金申請画面

入金時にクレジットカードを使った方なら、出金額を入れるだけでOKです。

ただし、クレジットカードでは入金した以上の金額を出金することはできません。入金金額以上の出金は、自動的に銀行送金へと切り替えられます。

着金までの日数:3日〜数週間
手数料:0円〜5000円

i-Accountで出金

i-Accountの出金申請画面i-Accountの出金申請画面

オススメしません。BitWalletと似たようなネットバンクですが、トラブルなどがあり評判があまりよくないようです。

海外サービスなので、中継手数料・受取手数料がかかるという最大のデメリットもあります。

i-Accountを持っているなら別ですが、そうでない場合は銀行送金がよいでしょう。

着金までの日数:24時間〜数日
手数料:0円〜5000円

 

銀行送金を使って出金

日本人ならば馴染み深いですが、銀行送金の場合は入力項目が多く手間がかかります。

また、取扱できる銀行が限られています。

三菱東京UFJ銀行 手数料324円
三井住友銀行 手数料108円
みずほ銀行(ネット支店以外) 手数料432円
りそな銀行 手数料216円
ソニー銀行 手数料216円
住信SBI銀行 手数料154円

着金までの日数:2〜5日
手数料:上記+2000円程度(海外送金手数料)

入力する項目は以下の通りです。焦らずゆっくり記入していきましょう。

銀行送金(出金)入力項目1銀行送金(出金)入力項目1

名前はそのままローマ字表記にするだけなので簡単ですが、住所は結構難しいですよね。

口座開設の時にも使った、住所を一発で英語に変換してくれるサイトで作成して、サッとコピーアンドペーストしましょう。


 

銀行送金(出金)入力項目2銀行送金(出金)入力項目2

銀行を選択し、SWIFTコードという謎の番号を入力します。

SWIFTコードとは?

「国際銀行間通信協会」のシステムで、そこで使われるコードがスイフトコードです。
各銀行に決められたコードが付与されています。

「○○銀行 SWIFTコード」で検索すると出てきます。

所在地・支店名なども調べて入力しましょう。(住所はさきほどの変換サイトを使えば簡単です)

不足なく入力できたら、一番下の「リクエスト」をクリックして完了です。

 

出金申請が終わったら?

一度リクエストを送信した後は、メールが届きます。あとは処理が終わるのを待つだけです。

もしも何日も(何週間も)経っても音沙汰がない、メールもなにもない、という時はXMサポートに問い合わせてみましょう。
※連絡は日本語でOKです。

口座開設して、入金して、トレードして、出た利益を出金。一通りの流れをここで終えることができました。

 
また再度挑戦してもいいですし、あなたに合った別の投資方法もあるかもしれません。それを模索するのもいいでしょう。

もしこのサイトがあなたのお役に立てたのであれば、是非お問い合わせフォームから感想などお送りください。

どうも有難うございました。

無料登録こちらから