FX 小ネタ【コラム】

XMのスプレッド幅は広いという噂・・・・でも実はおトクがいっぱいあるという事実も!?

finance

FX業者を選ぶ上で重要な指標の一つが「スプレッド」です。スプレッドが狭ければ狭いほど、トレーダーにとってメリットがあります。

この記事では、XMTradingのスプレッドの特徴や他業者との違いを解説していきます。

XMTradingのスプレッドが広い理由や狭い理由、さまざまな通貨ペアのスプレッド水準を紹介しています。スプレッドについて理解を深め、どのようにXMTradingのスプレッドを活用できるかを学びましょう。

1分でわかる著者のこと
プロフィール丸アイコン

FXを始めて早6年、投資経験は8年目になりました!
KAZU(カズ)と申します。

仮想通貨にハマるも大暴落をモロに受け150万円以上の損失!
なんとか負けを取り戻すため、100冊以上の本を読みあさり挑戦し続けた結果・・・

ついに海外FX会社のXMで始めたFX副業の総利益が2,000万円を超えました!
そこに至るまでのノウハウや経験などを発信しています。

ともに頑張っていきましょう!💪😁

1. XMのスプレッドの概要

finance

XMのスプレッドについて概要を説明します。スプレッドとは、FX取引において買値と売値の差額を指します。

スプレッドとは何か?

スプレッドは、FX取引における買値(Bid)と売値(Ask)の差額を表します。つまり、取引を行う際にはスプレッド分のコストが発生します。

以下はスプレッドの特徴です:

  • 買い注文では、ポジションを買値で保有し、売値で決済します。
  • 売り注文では、ポジションを売値で保有し、買値で決済します。

つまり、売りと買いの注文価格の差がスプレッドとなります。スプレッドが広がると、利益を得るまでにかかる時間やコストが増えるため、多くのトレーダーはスプレッドが狭いFX業者を選好します。

XMのスプレッドについて

XMTradingでは、相場の変動に応じてスプレッドが拡大・縮小する変動スプレッド制を採用しています。そのため、時間帯によってスプレッドが広くなることがありますので、取引時には注意が必要です。

他社と比較すると、XMのスプレッド幅はやや広いですが、実際の取引コストを総合的に考慮すると、XMは他社よりも安いことがわかります。

また、XMでは独自のポイントプログラムであるXMPを採用しており、取引ごとにポイントが貯まります。貯まったポイントはクレジットボーナスとして交換できるため、実質的なスプレッドが狭くなるメリットがあります。

以上がXMのスプレッドの概要です。次のセクションでは、XMのスプレッドが高いのかを検証してみましょう。

無料登録こちらから

2. XMのスプレッドは高いのか

finance

XMのスプレッドについて調べてみました。他の業者と比較して、XMのスプレッドはやや高めですが、選択肢が豊富です。

2-1. XMのスプレッド比較

以下の表は、XMのスプレッドを他の業者と比較したものです。

  • XMTrading(スタンダード口座):1.9pips
  • XMTrading(KIWAMI極口座):0.8pips
  • TitanFX(Zeroスタンダード口座):1.33pips
  • Axiory(スタンダード口座):1.3~1.5pips
  • exness(プロ口座):0.7pips

XMのスタンダード口座のスプレッドは1.9pipsで、他の業者と比べるとやや高めです。ただし、XMのKIWAMI極口座では0.8pipsと非常に狭くなっています。また、ゼロ口座もありますが、取引手数料が発生するためデメリットもあります。

2-2. XMスタンダード口座・マイクロ口座の特典

XMのスタンダード口座・マイクロ口座には、他にはない豊富なボーナスがあります。口座開設ボーナスや入金ボーナスなどがあり、これらを活用することで取引コストを低く抑えることができます。XMは4つの異なる口座タイプを提供しており、個人の好みや利用方法に応じてスプレッドの高さや特典の豊富さを選ぶことができます。

2-3. XMポイント(XMP)の活用

XMポイント(XMP)は、スタンダード口座・マイクロ口座の取引コストを削減するための便利なポイント制度です。ロイヤルステータスによって獲得できるXMPの量やスプレッドの圧縮率が異なります。

  • EXECUTIVE:スタート、10XMP、0.33pips
  • GOLD:+30日以上利用、13XMP、0.43pips
  • DIAMOND:+60日以上利用、16XMP、0.53pips
  • ELITE:+100日以上利用、20XMP、0.66pips

XMポイントを活用することで、実際のスプレッドを低くすることができます。スプレッドが高いと感じるかもしれませんが、XMポイントを活用することで注意が必要です。

2-4. XMは勝てない海外FX業者ではない

XMのスプレッドは高めですが、豊富な特典を活用することで勝てない海外FX業者ではありません。XMのロイヤリティプログラムや口座開設・入金ボーナスを利用することで、お得な取引ができます。また、最大1,000倍のレバレッジを活用できるため、低コストで大きな利益を狙うことも可能です。

さらに、スプレッドの狭いKIWAMI極口座やゼロ口座も存在するため、選択肢も広いです。XMはスプレッドが広すぎて勝てないという噂は実際とは異なり、利用する価値のある海外FX業者です。

3. XMのスプレッドが狭い理由

finance

XMのスプレッドが狭い理由について、以下で説明します。

3.1 極み(KIWAMI)口座やゼロ(ZERO)口座の提供

XMは、極み(KIWAMI)口座やゼロ(ZERO)口座という特別な口座を提供しています。これらの口座は、元々スプレッドが狭く設定されており、トレーダーがより効率的に取引を行うことができます。特に、ゼロ(ZERO)口座はスプレッドが限りなく0に近い状態で提供されているため、取引コストを大幅に削減することができます。

3.2 独自のポイントプログラム(XMP)

XMでは、独自のポイントプログラムであるXMPが採用されています。このプログラムにより、実質的なスプレッドは表示されている数値よりも小さくなります。つまり、トレーダーは取引で得たポイントを使用することで、実際に支払うスプレッドを削減することができます。この独自のポイントプログラムは、XMのスプレッドが他社よりも低くなる理由の一つです。

無料登録こちらから

3.3 スプレッドの選択

XMでは、通常のスプレッドの他にもユーザーが選択できるスプレッドがあります。トレーダーは、スプレッドが広くなりやすい通貨を避け、スプレッドが狭い通貨を選択することができます。これにより、トレーダーはより狭いスプレッドで取引を行うことができます。スプレッドの選択は、XMがトレーダーに柔軟な取引手段を提供し、より効率的な取引を実現している要因の一つです。

以上の理由により、XMのスプレッドは他社と比較して狭くなっています。極み(KIWAMI)口座やゼロ(ZERO)口座の提供、独自のポイントプログラム(XMP)、スプレッドの選択の三つの要素が、XMがスプレッド狭さを実現している理由となっています。

4. XMのスプレッド一覧

finance

XM(XMTrading)では、さまざまな銘柄のスプレッドが取り扱われています。メジャー通貨ペア、マイナー通貨ペア、エキゾチック通貨ペア、ゴールド、シルバーの各取引のスプレッドを紹介します。

メジャー通貨ペアのスプレッド一覧

以下はXMTradingのメジャー通貨ペアのスプレッド一覧です。

  • EURUSD:
  • スタンダード口座: 1.6pips
  • マイクロ口座: 0.7pips
  • ゼロ口座: 0.1pips

  • USDJPY:

  • スタンダード口座: 1.8pips
  • マイクロ口座: 0.7pips
  • ゼロ口座: 0.1pips

  • GBPUSD:

  • スタンダード口座: 1.9pips
  • マイクロ口座: 0.6pips
  • ゼロ口座: 0.2pips

  • USDCHF:

  • スタンダード口座: 1.9pips
  • マイクロ口座: 0.8pips
  • ゼロ口座: 0.4pips

  • USDCAD:

  • スタンダード口座: 2pips
  • マイクロ口座: 1.2pips
  • ゼロ口座: 0.5pips

  • AUDUSD:

  • スタンダード口座: 1.6pips
  • マイクロ口座: 0.9pips
  • ゼロ口座: 0.4pips

  • NZDUSD:

  • スタンダード口座: 2.5pips
  • マイクロ口座: 1pips
  • ゼロ口座: 1pips

マイナー通貨ペアのスプレッド一覧

以下はXMTradingのマイナー通貨ペアのスプレッド一覧です。

  • AUDCAD:
  • スタンダード口座: 2.8pips
  • マイクロ口座: 1pips
  • ゼロ口座: 1.6pips

  • AUDCHF:

  • スタンダード口座: 2.8pips
  • マイクロ口座: 1.1pips
  • ゼロ口座: 0.8pips

  • AUDJPY:

  • スタンダード口座: 3.2pips
  • マイクロ口座: 1.2pips
  • ゼロ口座: 1.5pips

  • AUDNZD:

  • スタンダード口座: 3.7pips
  • マイクロ口座: 1.7pips
  • ゼロ口座: 2.1pips

  • CADCHF:

  • スタンダード口座: 3.5pips
  • マイクロ口座: 1.9pips
  • ゼロ口座: 1.1pips

  • CADJPY:

  • スタンダード口座: 3.1pips
  • マイクロ口座: 1.4pips
  • ゼロ口座: 1.8pips

  • CHFJPY:

  • スタンダード口座: 2.8pips
  • マイクロ口座: 1.1pips
  • ゼロ口座: 1.6pips

  • EURAUD:

  • スタンダード口座: 2.7pips
  • マイクロ口座: 0.9pips
  • ゼロ口座: 1.4pips

  • EURCAD:

  • スタンダード口座: 2.9pips
  • マイクロ口座: 0.9pips
  • ゼロ口座: 1.2pips

  • EURCHF:

  • スタンダード口座: 2.3pips
  • マイクロ口座: 0.9pips
  • ゼロ口座: 1.5pips

  • EURGBP:

  • スタンダード口座: 1.8pips
  • マイクロ口座: 0.3pips
  • ゼロ口座: 1pips

  • EURJPY:

  • スタンダード口座: 2.1pips
  • マイクロ口座: 1.1pips
  • ゼロ口座: 1pips

  • EURNZD:

  • スタンダード口座: 3.9pips
  • マイクロ口座: 2.7pips
  • ゼロ口座: 2.2pips

  • GBPAUD:

  • スタンダード口座: 3.6pips
  • マイクロ口座: 2pips
  • ゼロ口座: 1.9pips

  • GBPCAD:

  • スタンダード口座: 4.7pips
  • マイクロ口座: 2.2pips
  • ゼロ口座: 2pips

  • GBPCHF:

  • スタンダード口座: 3.7pips
  • マイクロ口座: 2pips
  • ゼロ口座: 1.9pips

  • GBPJPY:

  • スタンダード口座: 3.2pips
  • マイクロ口座: 1.2pips
  • ゼロ口座: 1.5pips

  • NZDCAD:

  • スタンダード口座: 3.8pips
  • マイクロ口座: 1.9pips
  • ゼロ口座: 1.5pips

  • NZDCHF:

  • スタンダード口座: 3.8pips
  • マイクロ口座: 2.7pips
  • ゼロ口座: 1.5pips

  • NZDJPY:

  • スタンダード口座: 2.5pips
  • マイクロ口座: 2pips
  • ゼロ口座: 1.8pips

エキゾチック通貨ペアのスプレッド一覧

エキゾチック通貨ペアのスプレッドについては、XMの公式ウェブサイトに詳細が掲載されています。ゼロ口座では、スプレッドに加えて往復$10の手数料がかかることにご注意ください。

ゴールド・シルバーのスプレッド一覧

XMTradingでは、ゴールドとシルバーの取引における平均スプレッドも取り扱っています。スタンダード口座のスプレッドについては、XMの公式ウェブサイトで確認してください。

以上がXM(XMTrading)で取り扱われている各取引のスプレッド一覧です。お取引をご検討の際には、参考にしてください。

5. XMのスプレッドが広がる時間帯

finance

XMの取引時間帯や経済指標の発表によって、一部の時間帯ではスプレッドが広がることがあります。トレーダーとして押さえておくべきポイントを紹介します。

経済指標の発表時にスプレッドが広がる

XMのスプレッドは、経済指標発表時に広がることがあります。特に、アメリカなどの経済大国で景気悪化が予想される場合には、スプレッドの広がりやすさが増します。以下の経済指標の発表時には特に注意が必要です。

  • 失業率&非農業者部門雇用統計
  • ADP雇用統計
  • ISM景況指数
  • 米FOMC政策金利発表
  • GDP成長率
  • 消費者物価指数(CPI)
  • 新築住宅販売件数・中古住宅販売件数

さらに、日本の日銀金融政策決定会合や欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表、他の国々での政策金利発表やGDP・雇用統計の発表時も注意が必要です。

無料登録こちらから

取引量の少ない時間帯にスプレッドが広がる

FX市場では、取引量の少ない時間帯にスプレッドが広がる傾向があります。特に、日本時間の早朝6時から7時にはスプレッドの広がりが顕著です。週明けの早朝や年末年始なども、スプレッドの広がりが見られるため、このような時間帯には注意が必要です。

しかし、これらの時間帯やタイミングを避けることで、XMでの取引をより有利な状況で行うことができます。XMのスプレッドが広がることが気になる場合は、スプレッドの広がりやすい時間帯やタイミングを意識することが重要です。

まとめ

  • 経済指標の発表時にスプレッドが広がることがある
  • 取引量の少ない時間帯にもスプレッドが広がる傾向がある
  • XMでの取引を有利に進めるためには、スプレッドが広がる時間帯やタイミングを避けることが重要です。

まとめ

XMのスプレッドについて詳しく解説しました。XMのスプレッドは他社と比較するとやや広めですが、ロイヤリティプログラムやボーナスなどの特典を活用することで実質的なコストを抑えることができます。また、極み口座やゼロ口座などのオプションも用意されているため、自身の取引スタイルに合わせてスプレッドを選択することができます。さらに、経済指標発表時や取引量の少ない時間帯にスプレッドが広がる傾向があるため、そういった時間帯を避けることも重要です。XMは豊富な選択肢と特典を提供しており、トレーダーにとって魅力的な海外FX業者の1つといえるでしょう。

よくある質問

XMのスプレッドは高いのですか?

XMのスタンダード口座のスプレッドは1.9pipsと、他の業者と比べるとやや高めですが、KIWAMIや ZERO口座ではより狭いスプレッドを選択できます。また、XMのボーナスやポイントプログラムを活用することで、実質的なスプレッド負担を低く抑えることができます。

XMのスプレッドが狭い理由は何ですか?

XMでは、極み(KIWAMI)口座やゼロ(ZERO)口座の提供、独自のポイントプログラム(XMP)の活用、ユーザーが選択できるスプレッド幅の設定といった取り組みにより、他社と比較してスプレッドを狭く設定できるようになっています。これらの要因によりXMのスプレッドが他社より狭くなっています。

経済指標の発表時に XMのスプレッドが広がるのはなぜですか?

FX市場では、経済指標の発表時に市場の変動が大きくなるため、スプレッドも広がりやすくなります。特に、米国の雇用統計やGDP、物価指数などの重要指標の発表時には注意が必要です。こうした経済指標発表時にはXMのスプレッドも広がる傾向がありますので、取引には十分な注意が必要です。

XMの取引量の少ない時間帯にスプレッドが広がるのはなぜですか?

FX市場では、取引量の少ない時間帯、例えば日本時間の早朝6時から7時にかけてや週明けの早朝、年末年始などにスプレッドが広がる傾向があります。取引量が少ないと市場の流動性が低下するため、スプレッドが広がるのです。こうした時間帯はXMでの取引も同様の傾向がありますので、取引には注意が必要です。

無料登録こちらから

【私が2000万円以上稼げたFX会社】

  • FX業界最大手のXM トレーディング
  • どこよりも手厚いサービス
  • 充実したサポートセンター
  • だから初心者・未経験者にお勧め
  • 所持金0円でもトレードを始められる
  • 国内業者はレバレッジは25倍。XMは888倍。
  • つまり1万円用意できれば、888万円分の取引が可能!
  • 口座残高がマイナスでもあなたの負担はゼロ!(追証なし)
  • 日本語完全対応で心配いらず
  • 登録するだけで3,000円分のクレジットが今だけ全員にプレゼント!