抗真菌作用のある医薬品

真菌は白癬菌、癜風菌、カンジダ菌など様々な種類があり、その種類によって効果のある抗真菌のお薬も異なってきます。間違った薬を塗布すると状態がさらに悪化する場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

水虫と厚くなった角質の違い~抗真菌薬の治療がおすすめ

かかとの角質が厚くなって、フットケアしているという方も多いのではないでしょうか。
かかとは体重を支える部分ですので、立ったり歩く事で大きな圧力がかかります。
ずっと圧力がかかっていると、角質が厚くなってしまうのです。
特に、立ち仕事をしている方、ヒールの高い靴を履く方、靴底が硬い靴を履いている方は、角質が厚くなりやすいと言われています。

かかと部分が硬くなると「角質が溜まっているのかな?」と、思いがちです。
ですが、もしかしたら「水虫」になっているかもしれません。

水虫と硬くなった角質との違いですが、起こる原因に違いがあります。
ただ単に角質が厚くなる場合は、かかと部分に圧力が加わる事が原因です。
一方、水虫の場合「白癬菌」というカビの1種が、皮膚の角質層に感染する事で発症します。

同じ角質が厚くなる症状でも、原因にはこのような違いがあるのです。
対処の方法も水虫と、圧力により厚くなった角質との違いはあります。
厚くなっただけの場合は、保湿を行うなどのフットケアで改善する事が可能です。
水虫は白癬菌を殺菌する、抗真菌薬で治療を行わなければ、改善する事はありません。
ですので、水虫は皮膚科で治療を行うのが、おすすめの改善策です。

このようにスキンケアで改善できる、治療でしか改善できないという点が、水虫と厚くなった角質との違いでもあります。
かかと部分の水虫は、抗真菌作用のある外用薬だけでは、なかなか改善しないようです。
角質が厚くなるタイプの水虫は、内服薬による治療がおすすめです。
内服薬タイプの抗真菌薬は体の中からも白癬菌を殺菌でき、角質の深い部分に潜んでいる白癬菌も、殺菌しやすい点がメリットとなっています。

外用薬と内服薬、ダブルの抗真菌薬で治療を行う事で、より水虫にも効くようになる為、おすすめです。