抗真菌作用のある医薬品

真菌は白癬菌、癜風菌、カンジダ菌など様々な種類があり、その種類によって効果のある抗真菌のお薬も異なってきます。間違った薬を塗布すると状態がさらに悪化する場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

投薬により細胞にダメージを与える抗真菌薬

真菌というのは、一般的な用語でいえばカビのなかまのことで、日常ごくありふれた場所に存在しているものです。ふだんは餅やパンなどの栄養のある食べ物に寄生することはあっても、人体に感染して病気をもたらすようなことはありません。これは、人間の皮膚が外部の脅威から身を守るためのバリアをもっているからです。
ところが、ケガをして傷口から人体に侵入するすき間ができてしまったり、あるいは風邪や仕事上のストレスなどによってバリアの機能が弱まってしまうと、こうした真菌が皮膚などで増殖し、人体に大きなダメージを与えてしまうのです。その結果が水虫やたむしなどに代表される皮膚病で、ときには肺などの内臓にまで感染してしまうこともあります。
これら真菌に由来する病気を治療するためには、抗真菌薬とよばれる種類の医薬品の投薬が有効です。抗真菌薬にもさらに細かな種類がありますが、共通していえることは、真菌の細胞膜を破壊したり、細胞壁を構成する物質を合成できなくするなど、真菌の細胞にダメージを与えることによって、真菌の増殖を抑制するということです。こうした抗真菌薬には、錠剤として内服するタイプのもののほかに、患部に塗る外用タイプのものもあります。
ここで、抗真菌薬を投薬すると、人体の細胞にもダメージを与えてしまうのではないかと不安になりますが、基本的にそのようなことはありません。真菌の細胞膜と人体の細胞膜とでは、構成している物質が異なっている上、人体の細胞には細胞壁がないという違いがあるためです。
ただし、内服薬の投薬によって、腸内細菌の一部がダメージを受けて腹痛や下痢になるなどの、別の意味での副作用がみられることはあります。外用タイプであれば、皮膚が過敏反応を起こして赤みやしっしんができることもありますが、通常は深刻な副作用はありません。