抗真菌作用のある医薬品

真菌は白癬菌、癜風菌、カンジダ菌など様々な種類があり、その種類によって効果のある抗真菌のお薬も異なってきます。間違った薬を塗布すると状態がさらに悪化する場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

トンズランス感染症には抗真菌薬とバナナドラッグストア

トンズランス感染症は、水虫やたむしと同じ白癬症の一種です。もともと中南米やヨーロッパでは珍しくない病気でしたが、日本では21世紀に入ってから流行しはじめました。特に柔道部員やレスリング部員が集団感染するケースが目立っています。格闘技は肌と肌が接触し、すり傷を負うことも多いため、菌が伝染しやすいと考えられています。
トンズランス感染症は頭に感染するとシラクモになり、重症化すると脱毛の原因になります。また体に感染するとゼニタムシになり、発疹やかさぶたができます。体にできたタムシは抗真菌薬の塗り薬で治療します。市販の薬でも効きますが、ステロイド系の軟膏は症状を悪化させることがあるので注意が必要です。またトンズランス感染症は感染力が非常に強く、治ったと思っても皮膚の奥に潜んでいることがあります。完全に治るまで塗りつづけることが大切です。頭にできたシラクモは塗り薬では治りにくいことが多く、抗真菌成分を含むシャンプーを使用するか、イトリゾールやラミシールなどの抗真菌薬を内服して治療します。
抗真菌薬は一般の薬店でも入手できますが、日本で承認されていないジェネリック医薬品などは、個人輸入代行店で購入することができます。個人輸入代行店のひとつにバナナドラッグストアがあり、ED治療薬などを大々的に宣伝していました。ただし現在のところ、バナナドラッグストアのホームページは閉鎖されています。個人輸入代行店は安価で薬が手に入るというメリットはありますが、偽物を売りつけられたり、料金だけ取られて商品が届かないといったトラブルも多発しています。バナナドラッグストアに限らず、薬の通販サイトを利用するときは十分に気をつけてください。