抗真菌作用のある医薬品

真菌は白癬菌、癜風菌、カンジダ菌など様々な種類があり、その種類によって効果のある抗真菌のお薬も異なってきます。間違った薬を塗布すると状態がさらに悪化する場合もありますので、ご使用の際には注意が必要です。

抗真菌のお薬は種類が多い

 カビの一種である真菌はさまざまな病気を引き起こします。そんな真菌に効く抗真菌の薬には種類がたくさんあります。抗真菌薬には数種類もの系統があり、それぞれに特徴があります。どのような薬があるのか紹介していきます。
 ポリエンマクロライド系は抗菌作用と範囲が優れていますが、副作用として腎機能障害や電解質以上、血圧低下などの重篤な症状が出る可能性があるので投与前に薄めて使わなくてはなりません。
 ピリミジン誘導体は真菌のDNAとたんぱく質の合成を阻害する作用がありますが、投与してから短期間で耐性菌が発生してしまうので、他の薬剤と一緒に使用します。こちらも腎不全や肝臓障害、骨髄抑制等の副作用があります。
 アゾール系にはイミダゾール系とトリコナゾール系が含まれており、真菌の細胞の主成分であるエルゴステロールの生成を阻害する高い抗真菌性の薬で、副作用が少ない薬です。副作用としては肝障害、胃腸障害などが知られています。
 キャンディン系は安全性が高く治療効果も高いお薬です。
 アリルアミン系は抗真菌スペクトラムつまり数種類の真菌に対して殺菌作用が有効なお薬です。低濃度だとカンジダアルビカンスの発育を抑制し、高濃度では細胞膜を破壊する働きがあります。
 チオカルバメード系、ベンジルアミン系、モルホミン系も真菌の細胞の主成分であるエルゴステロールの生成を阻害するので真菌を殺菌する働きがあります。
 抗生物質は皮膚や髪、爪のケラチン生成細胞内に移行して糸状菌の侵入を防止する働きがあります。
 このように抗真菌の薬には種類が多数あり、この系統のなかにさらに薬が何種類も存在するので症状や真菌の種類、副作用を考慮して使用するようになっています。

イトリゾールの副作用と注意事項まとめ
ニゾラール